お客様のお役に立つ営業ツール
デザイン・レイアウト・印刷・在庫管理まで

メビウスログイン

明日は良くなる

2018年2月6日

作家の司馬遼太郎は、陽気でいると人生は楽しくなる。楽しくなると良いことが起きる。良いことが起きると大体、仕事も勉強も、その他恋愛も人付き合いも、うまくいくことになる。逆に陰気だと、全て美味くいかなくなる。だから人は陽気に暮らしていったほうがいい。どうすれば陽気になれるのか。「明日はきっと良くなる」と思い込めばいいのだと言ってます。人生の現実は、良いことも悪いことも、陽気なことも陰気なことも起きたり、存在してます。しかし、自分の気持ちとしては、明日は必ず良くなっていくのだと思っていれば、気持ちは前向きに、明るいものになってゆきます。そして、前向きに明るい気分になると、やってみようという姿勢で物事に取り組んで行動することができるようになると思います。