お客様のお役に立つ営業ツール
デザイン・レイアウト・印刷・在庫管理まで

メビウスログイン

ビビリでも

2018年7月4日

生涯で60戦をして無敗だったいう剣豪、宮本武蔵。彼は著書「五輪書」に、その戦術と心構えを記していますが、火の巻にはこうあります「兵法を良く心得て、道理強く、その道、達者なるものにあひては、必ず負くると思うところ也」。これは「自分より強い相手には必ず負けると思って臨むべきである」という意味で、武蔵の用心深さが表れています。佐々木小次郎を焦らせるためにわざと遅刻したという説がある巌流島の決闘ですが、彼は小次郎の「物干し竿」と呼ばれる長刀よりも、さらに長い四尺二寸(127センチ)の木刀を自作して臨んだといわれています。自分の能力に驕りを持たず、相手と自分の差を冷静に判断することが勝利を導くことなんだと学びました。